ケノンVS脱毛サロン!効果は?口コミは?

家庭用脱毛器ケノンのメリット
私はムダ毛が濃い方なので、ずっと悩んでいます。

 

カミソリでの脱毛は、肌に大きな負担を与えて色素沈着やブツブツを作ります。頻繁なお手入れも必要です。毛抜きはカミソリでの処理よりもお手入れの回数を減らせますが、埋没毛ができたり、毛細血管を傷つけることがあります。

 

安全に脱毛するなら脱毛サロンやクリニックがおすすめです。しかし、脱毛サロンなどは何度も通い続ける必要があるし、料金が高いです。

 

もっと手軽で肌トラブルが少なく脱毛できるのが家庭用脱毛器です。サロンと同じ光脱毛器のケノンなら、カミソリや毛抜きのようなトラブルが起こりません。自宅でいつでも簡単に気が向いたときにお手入れできます。脱毛サロンのように予約がとれなくてなかなか脱毛完了できない、ということがありません。

 

使い始めは1週間に1,2回使い、しばらくしたら1か月に数回のお手入れでよくなります。使い続けることで毛が生えにくくなり、お手入れの回数を減らせます。脱毛を頻繁に行わなくていいから面倒なケアから解放されます。脱毛の回数を減らすことで肌の負担が減り、色素沈着などのトラブルを防ぐことができます。
家庭用脱毛器の中には美顔器のように使えるものもあって(これがケノンなんです!)、毛がなくなってツルツルになるだけでなく、肌をきれいにすることもできます。

脱毛器の購入者は今では約4割が男性!私もその中の1人です!

【営業職はつらいよ】
私は銀行マン。営業が中心です。毎日朝礼で身だしなみチェックがあります。その時間が苦痛です。なぜなら、ヒゲが濃いから。入念に剃っても、上司からは「ちゃんとヒゲを剃ってこいよ!」と言われることがしばしば。ちゃんと剃ってるんですけど…。

 

客観的には上司の言葉は妥当でしょう。ヒゲを剃っていても、私の顎は青々を通り越して黒っぽいのです。父親もそうなので、これは遺伝でしょう。父親は事務職だったため、職場の同僚が見慣れるしまえば事は解決したのでしょうが、私の場合はお客様の目があります。ヒゲが接客業では相手に不快感を与えるとの判断をしても、それは社会通念に従ったものとの判決もあったように記憶しています。

 

何とかしたい!けれども脱毛サロンに通うのもためらわれます。脱毛サロンって、やはり女性の行くところというイメージがありますし、脱毛サロンに出入りするところを万一職場の同僚や上司に見られて、男性が好きな人と誤解されたら困りますし…。

 

【ネットで方法を模索していて脱毛器にたどり着く】
昔と違い、今ではさまざまな事の解決のヒントがネットにあります。もちろん鵜呑みにしてはいけませんが。試みに「ヒゲ 濃い 困った」というキーワードで検索をかけてみると、自分と同じような悩みを抱く人のブログにたどりつきました。同士を得た気分。

 

その人のブログでは、脱毛サロンに通ったらしいのです。出張に合わせて、都会の脱毛サロンに通っているとのこと。その気持ち、分かります。周辺ではどうも気恥ずかしいですものね。でも、そのブログで「脱毛」という言葉が、私の頭にインプットされました。

 

次に「男性 脱毛」という組み合わせで検索をかけてみました。脱毛器を使っている脱毛オタクさんのブログに到達。脱毛器っていうものがあるのだ!知りませんでした。妻はカミソリで処理していますし、脱毛サロンにも通っていないので、そうした知識に夫たる私も疎かったのです。なんと便利なものが今はあるのでしょう!

 

【どの脱毛器にするか?】
気になるお値段は?一番よく売れているケノンという脱毛器は、家電量販店では扱っていません。オンラインショップのみ。扱っているのは4つ。公式ホームページ、楽天、ヤフーショッピング、ヤフオク。アマゾンでは扱っていないのです。ヤフオク以外では、運営はエムロックが共通して行っているので、いずれも73800円。

 

消費税が上がってから倹約に一段とうるさくなっている妻。あっさり「いいわよ」と言ってくれそうにない金額です。かと言って中古品は故障でもあったらどうにもならないし…。ラヴィという脱毛器なら4万円です。こちらでもいいかな?しかし、ラヴィというのは、カートリッジの寿命がケノンの半分以下。これは悩むところです。

 

ここは妻に「うん」と言わせるしかありません。第一脱毛なんだし、妻にも綺麗になって欲しいじゃないですか??その戦術で行こうかな?ここは慎重に考えなくてはいけません。自分から言いだすのではなく、妻にも綺麗になって欲しいというところは、息子に言わせる方が効果的か?

 

息子にも協力してもらい、数回に及ぶ交渉を繰り返し、ついに妻に「うん」と言わせました。仕事以上に気を使ったかも。妻と共有という条件で、半額出してもらい、とうとう念願の脱毛器を購入。容器は、かっこいいブラックです。男性の購入者が今では約4割とか。

 

照射力は十分満足いくものです。回数を重ねるごとにクリアになっていく我が顎。最近は、朝礼で注意されることもなくなりました。ストレス軽減です。やる気も出てきたように感じます。コンプレックスを自宅で解消できて、本当に嬉しいです。

脱毛器は家族でシェアする時代!男性も実はこんなに困っていた??

【脱毛器を買おうかと悩んだ日々】
ずっとカミソリで処理してきたムダ毛。顔や手足は自分なりに満足できていました。背中が大きく開いた服を着るわけでもなし。ワキと手足と顔が綺麗になっていれば、自分では満足でした。

 

しかし、この3年ほど、わき毛を処理した後の毛穴が目立つ事に悩んでいました。毎日入浴の際に丁寧に処理しています。石鹸を塗って肌への負担を少なくし、十分に剃っているはずなのに、毛穴が黒っぽく見えます。薄着の季節が近づくにつれて、なんとなく憂うつでした。

 

脱毛サロンに行こうかなと思い、近所で脱毛サロンを探しました。チラシも入っている某脱毛サロンが、わき毛処理をワンコインでしてくれるというので、好奇心を起こして覗きに行ってみました。明るい感じの店で、まずまずの好感度。ワンコインで処理してくれるというのが決め手になって、予約を入れました。

 

脱毛デビューを果たし、不安に感じていた肌トラブルもなく、クーリングの仕方や体調との兼ね合いなどをそのサロンでちゃっかり学習しました。スタッフに愛想よく話しかけ、そうしたコツをできるだけ聞くようにしました。

 

初回からけっこう勧誘があって、「まあ、当然よね」とは思いながらも、鬱陶しかったからです。ずっとサロンを利用し続けるつもりは最初からありませんでした。脱毛のコツをつかんだら、自分で処理するつもりになっていました。

 

ただし、脱毛器もけっこう高いのです。安い品で4万円はします。4万円を投資する価値があるのか?それ以上の金額を投入しても、本当に損はしないのか?サロンでワンコインで処理してもらった方が安く上がるのか?ずいぶん悩みました。鉄面皮に徹すれば、サロンでもいいかもしれないと、サロンに通いながら、ずっと悩みました。

 

【夫の反応で、脱毛器購入を決意】
脱毛をするようになって、夫が脱毛に関心を示すようになりました。「脱毛サロンに行くのは女性だけだよね?」などと訊いてきます。何をかいわんやという感じですが、「部長にさ、ヒゲが濃いなあ。もっとしっかり剃ってこいよと言われるんだよ。」とぼやきます。確かに夫はヒゲが濃く、剃った直後でも青々というよりも黒っぽく見えるくらいです。

 

「脱毛したいなあ」と、台所に立った私の背中にポツリと語りかけた夫。「脱毛器っていうのが、あるんだよね。それ、買ったら!そうしたら、自分ちで、脱毛できるじゃない?サロンに通う時間だって浮くし。僕も使えるしさ!」と畳みかけてきます。「だって、けっこう高いのよ。今一番人気があるケノンっていうのなんか、73800円もしちゃうんだから!」「…」

 

そうした会話が何回となく続きましたが、夫がそんなにヒゲにコンプレックスを抱いていたとは知りませんでした。けっきょく、ケノンを割り勘で買う事にしました。照射面積が広く、カートリッジの寿命が長く、1ショットのコストパフォーマンスは満足できるものだったからです。

 

私はわき毛脱毛。夫はヒゲ脱毛に挑戦!初回で十分の満足感を得ました。二人ともです。夫は、子どものように喜んで、回を重ねるごとに薄くなって行く自分の顎に満足していました。実際、ヒゲ脱毛をしてから、夫の男前が上がったようです。職場の人からも好評だったようで、表情が明るくなる夫に、私もほっとしました。私も片ワキ10分で終了するムダ毛処理に大満足。隙間時間を有効活用して、お洒落の幅を広げられました。脱毛器ケノンは、夫婦にとって生活の幅を広げてくれるものになりました。