カミソリの使い方も熟練と工夫が必要

脱毛・毛の処理みんなのアドバイス1

私は、18歳の男子大学生です。私が、行っているムダ毛処理の方法は、カミソリによる方法です。その中でも私が使っているカミソリは、シック エクストリーム3 プレミアムです。なぜ、このカミソリを使い始めたのかというと、このカミソリは、3本1組で売られていたからです。私の場合、1本を顔、1本を陰部、そしてもう1本をその他の体毛、と分けて使用しています。

 

その中でも私が一番力を入れているのは、顔の毛です。顔というのは、人間の中で一番といっていいほど露出が多い部分だと思います。私は、とても体毛が薄い体質でした。なので、高校時代までは、適当にピンセットで、髭をはじめとした体毛を抜いていたのですが、その癖が非常に強くなっていき、だんだん、髭を抜いた後が炎症を起こすようになっていきました。

 

また、毛穴が開いてきてしまったため、毛穴に黒ずんだ汚れがたまってしまうようになっていました。これはさすがにまずいし、このまま続けてはいけないと感じ、私は、処理の方法をカミソリに帰ることにしました。まず、カミソリに変えて一番最初に感じたことは、非常に楽だということです。ピンセットでやっていた時期には、1回抜き始めると1時間は鏡とにらめっこをしていました。

 

しかし、カミソリに変えてから、時間の無駄が極端に減っていきました。さらに、それほど毛穴を傷めないということもあり、黒ずんでいた毛穴も目立たないようになっていきました。しかし、カミソリにもデメリットはあります。それは、肌を傷つけたら跡が残りやすいということです。傷つけてしまった肌がそのまま傷として残ってしまったり、また、埋没毛も出てくるようになってしまいました。

 

しかし、だんだん使用していく間に使い方のコツもだんだんと理解できるようになっていき、今では、そういった悩みはもうほとんどありません。私は、もともと体毛が薄いからかもしれませんが、毛に対する悩みはそれほど生まれずに済んでいます。しかし、どれだけ毛が薄くとも処理の方法はそれほど変わらないとおっもいます。

 

一人ひとり、その人に会う処理の方法を身に着けることこそが大切なんだと思います。